水無月のひと言

 

6月は一年の半分が終わる月ですね。

多くの神社では入口に大きな芦(昔は茅ちがやという植物)を束ねて輪にしたものが立っています。これは茅の輪というものです。お正月から6月までの半年間の罪やけがれを祓う夏越の祓えと言われる行事の為の輪で、この輪をくぐることを、茅の輪くぐりと言います。

 

茅の輪の前で一礼します。

左足からまたいで輪をくぐり左回りにまわります。

元にもどり一礼して右足から輪をくぐり、右回りにまわります。

元にもどり一礼して左足から輪をくぐり、ご神前に進みます。

二拝二拍手一拝のお作法でお詣りして下さい。

『祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え』

 

とお唱えしながら回って下さいね。

 

これで、残りの6ヶ月も無病息災でありますように!