文 月

 

「モズク」

あっと言う間に梅雨が明けてしまいました。

きびしい暑さが続きます。辛いですね。

強い日射しは私達から体力を奪う上、髪はカラーリングで痛んだうえ、直射日光にさらされ、冷房で乾燥させられ悲鳴をあげています。

リンスやトリートメントはもちろんですが、からだの中からも蘇らせてあげましょう。

それにはモズクです。

モズクは今ダイエット食品として脚光を浴びていますが、それだけではありません。

モズクに含まれるフコダインは、免疫力を高め、弱った胃や、腸内環境を整えます。

また、ぬめりの中に含まれるアルギン酸は血中のコレステロール値を減少させる働きがあるため、
頭皮の血行をよくし、髪に栄養を与えます。

その上、カルシウムや鉄、ヨードなどたっぷりのミネラルを含んでいるので、
疲れた体の救世主です。

お酢やヌルヌル食材と相性が良いので、すだちやレモン、長芋やオクラと一緒に
召し上がってくださいね。

 

水無月

 

「茅の輪」

6
月は一年の半分が終わる月ですね。

多くの神社では入口に大きな芦(昔は茅ちがやという植物)を束ねて輪にしたものが立っています。これは茅の輪というものです。お正月から6月までの半年間の罪やけがれを祓う夏越の祓えと言われる行事の為の輪で、この輪をくぐることを、茅の輪くぐりと言います。

 

茅の輪の前で一礼します。

左足からまたいで輪をくぐり左回りにまわります。

元にもどり一礼して右足から輪をくぐり、右回りにまわります。

元にもどり一礼して左足から輪をくぐり、ご神前に進みます。

二拝二拍手一拝のお作法でお詣りして下さい。

『祓い給え、清め給え、守り給え、幸え給え』

 

とお唱えしながら回って下さいね。

 

これで、残りの6ヶ月も無病息災でありますように!